日記

水分補給で元気になってきたみたい

今日は歯医者なので母に留守番に来てもらった。

一週間ぶりくらいにとらじに会った母が、「とらちゃん活発になったね」と。

腎結石対策・腎ケアを始めてまだ数日しか経っていないけれど、私も確かにとらじの変化は感じていた。

一日の大半を一人で寝て過ごしていたのが、とても活動的になって、人に寄って来るようになった。
テツ子ともよくやり合うし、部屋の真ん中で寝る。
それにジャンプの失敗も少ない。

とらじが大人しいのは年齢(4歳)相応の落ち着きと元々の性格だと思っていたのだが、もしかしたらいつからか体調の変化があったのかもしれない。

かかりつけの病院では潜血反応はとらじの仕様みたいな感じだったから、オシッコが変と言ったところでそこまで大ごとにはならない。
しかしそこはたみちゃんの時から熱心に治療に当たってくれた担当の先生なので、私の「潜血はいつものことかもしれないけど、やっぱり今のとらじはおかしいと思う」をしっかり受け止めて血液検査と、検査結果を待たずに超音波検査もしてくれた。
そこでこれまでの検査結果と比較も出来たし、早期発見早期治療を実現出来た。
良かった。

おそらく今とらじに変化をもたらしているのは飲水量を増やしたことが一番大きい。
このくらいで腎結石がなくなるなんて簡単な問題ではないけれど、少なくとも腎臓の負担は減ったはず。
たみちゃんの腎臓病の治療でも水分補給の重要性はものすごく感じた。
腎臓に限らず、生命活動の基礎は水だと言っても過言ではないだろう。

昨日届いた循環型の給水器は初め全然使ってくれなかったのだが、今朝から使い始めてくれた。
一度飲み始めると止まらないくらい。

追加で購入した軟水化フィルターも今日届いたので、次回フィルター交換時からは軟水化フィルターに変える。

おしっこの潜血は相変わらず。
回数は飲水量が増えてから変わらず1日に3回。
💩は今朝出た。

このようにチヨちゃんととらじの事で私の頭がいっぱいなことをテツ子はしっかり気付いていて、隙あらばチヨちゃんの席に座りたがる。

テツ子にも何か考えてあげないとね。