日記

コンセーブを減らした結果、色々回復した話

チヨちゃんの発作止め(コンセーブ)を減らして、やはり目に見えた変化があった。

まず生活のリズムが増量前と同じに戻り、状況判断能力も以前と同じくらいに戻った。
視力は低下しているものの、以前よりも見えているのか見えないなりに判断がしっかりと出来ているのか、「目が見えないから動けない」という状況に陥る事が激減。
そしてふらついていた前足がしっかりしてきて、自力での歩行も出来るようになった。

これらは私の目から見ると、コンセーブを減量した結果。

そんなわけでチヨちゃんは以前のような現役バリバリのチヨちゃんにほとんど戻ったので、私がチヨちゃんに捧げる時間も以前と同じくらいに増えた。

夕飯を食べ損ね、購入後3日目にしてマットを敷く余力もないまま寝落ちした月曜日。

元気な証拠♪

ただ、若干ではあるが、神経症状の様なものも見え隠れする(痰や呼吸器など)。
発作に繋がってしまう前に対処出来るよう、常によく観察する必要がある。