手作り食の材料を切らしたけど、食べられるフードをストックしておいて助かった話

我が家の長老チヨちゃん(パピヨン16歳)は手作り食で長生きしています。

ズボラな私が別に手作りしたい!なんて思うはずもなく…誤嚥しやすい&結石ができやすい&胃腸が弱いチヨちゃんに合うご飯がなかなか見つからなかったため。

今は安心安全なフードが充実しているのでチヨが食べられるドッグフードもいくつかあります。
でもここまで手作り食を続けてきたので今さら止めるのも…ということで基本は手作り食。

少し前からベースフードが底をつきそうな気配はしていたのですが、まだいいだろうと何日も自分を誤魔化し続けてきた結果、本日切らしてしまいまして…。

今日と明日のご飯どうしよう^^;

そんな時は、チヨでも食べられるドッグフード~!!(ドラ〇もん風に)

スポンサーリンク

我が家の老犬に与えるドッグフード

チヨはとにかく胃腸が繊細で、更に年を重ねて消化能力が落ちてきているので気を使います。
我が家は多頭飼い(食べてるものは別々)なので、同居犬たみちゃんの腎不全用処方食を食べさせても良いのですが、それで調子を崩してしまってはちょっと困ります。
おまけにチヨちゃんは胃腸ケアとか、シニア用と書いてあっても、身体に合わなければ消化不良を起こすこともしばしば。

チヨがこれまでに試してみて、数日間続けて与えても嘔吐下痢にならなかったフードの中から厳選したもの(家にあったものともいう…)を、今日と明日は与える事にします。

それは、クックンラブ&ナチュロル。

クックンラブは鶏肉・羊肉・馬肉・鹿肉・いわし・白身魚の6種類。

チヨはいつも手作り食で鶏肉を食べているので、なるべく変化がないようにクックンラブも鶏肉をチョイス(というか家にあった)。

それにチヨが大好きなフード、ナチュロルを追加します。

ナチュロルだけだと歯が1本もないチヨがガツガツ食べるには喉に詰まらせそうで心配だし、クックンラブだけにすると1回の給与量が多くなってしまい食べきれないので、クックンラブの飲み込みやすさとナチュロルの栄養と食いつきの合わせ技。

チヨちゃん的には毎日これで良さそうな食べっぷりだったけど、10年以上続けてきたことなのでベースフードが届いたらまた手作り食に戻します。

材料がないとか、飼い主の体調が悪い時に安心して与えられる予備のご飯をストックしておくのはとても大事。
そんなわけで、チヨはドッグフードメーカーのモニターやサンプルを時々試しています。

ナチュロルも100円モニター実施中なので是非♪

スポンサーリンク